C 個人事業の法人化


よく言われてるものです。

個人は累進課税なので、ある一定以上の所得がある方にとっては、法人化することで税率が下がりますし、所得の分散も図れるというものです。

これが好きな税理士もいるのですが、なんでもかんでも法人化すればいいというものではありません。

そもそも、ある一定規模以上でないと逆効果ですし、法人化すれば、税理士に払う報酬が高くなったり、均等割という新たな税金が発生したりします。

また、法人化当初はいいけれど、将来業績が悪化した時に、「ああ、個人のままにしておけばよかった…」ということになるケースも意外と多いのです。

しかし、法人化について、「何も考えない」のと、「検討したけどメリットがないからやめる」のとでは、大違いですから、やはり、検討はすべきです。

▲このページのトップに戻る