D 不動産所得


法人については、「多額の収入がある期に、多額の費用をぶつける」という節税は、一般的ですし、これは税理士も結構気にします。

しかし、意外にも、個人事業主の場合は、ほとんどの方、税理士が何も考えていないことが多いのが現状です。

もったいないですね。

特に、不動産所得のある方は、「更新料」、「承諾料」などの収入が、ある期間ごとに発生しますから、きちんと計画的な節税を考えましょう。
▲このページのトップに戻る